×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

世界三大電話占い

世界三大電話占い

先のことが分かってしまう占い師

占い師は預言者ではないので、その人の将来の事が見えて当ててしまうということではありません。

 

一般的に人生経験豊富な方が自分の過去の経験をもとに様々なケースを予測してお客様に当てはめてお話をしているものです。

 

先のことが読めるというのは、お客様の相談をきいていればその人が何に悩み、何を求めているのかが分かります。

 

占ってほしい占い師をホームページなどであらかじめチェックして、受付に電話して相談内容と共に伝えます。
電話占いが人気の理由

 

その求めていることを現実にするためには何をすべきかをアドバイスし、その方向へ導いてあげるというものです。

 

例えば、妊婦さんの顔を見て、男の子が生まれるか女の子が生まれるか分かってしまう人もいます。

 

分からなくても確率は1/2ですが、あたるととても驚いてしまいます。

 

その人には特別の識別能力があるのかもしれませんが、女性であれば、そしてお産を経験した人であれば、多くの妊婦さんに接することで自然と分かってくるものです。

 

ですから、占い師に求められるのは豊富な人生経験、そしていろいろな人の人生を研究しパターンに分類し、分析する力ではないでしょうか。

気持ちに沿った答えが大事

テレビや雑誌で見かける占いですが、一体どんな人が占っているのでしょうか?占いを始めるのには特に具体的な資格はいりません。

 

私は占い師ですと言ってしまえば、今日からあなたも占い師になれるのです。

 

かといっても、星占いであれば、ホロスコープを読み解く技術も必要となりますし、タロットカードについても、そのカードの示す意味をどう捉えるかといった基本的なことは知っておかなくてはいけません。

 

そして、ただその意味を知っているだけでは、占い師としては不十分といわざるを得ません。

 

占い師としては、最も重要なことは、その意味を読み解いて相談者に伝えるというのが大きな役割といえるからです。

 

同じカード、同じ星並びだとしても、解釈の違いによって、意味も大きく違ってしまいます。

 

占いを求める人というのは、少なからず何らかの迷いや悩みがある場合が多いのですから、その相手の気持ちに沿った占い結果を示してあげられる占い師になるということが、人気占い師への道といえるでしょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ